インクカートリッジの簡単な取り替え方を初心者向けに解説します

紙などに文字やイラストをプリントするときには専門の印刷業者に依頼するのが普通でしたが、現在では家庭でも気軽にプリントできるプリンターが販売されており、よく売れています。資料をプリントする他、年賀状や写真をプリントしたりするのに、簡単操作でスピーディーに行ってくれるのが便利です。とても美しくプリントできる割には、本体価格が安く、多くの人にとって手が届きやすい製品として出回っています。家庭用プリンターを使っていると、次第にインクが減っていきます。残量がほぼなくなれば、インクカートリッジを交換しなければなりません。初心者にはなれない作業かもしれませんが、一度行ってみれば割と簡単であることがわかるはずです。力を使わないため、子供や女性、お年寄りでも楽に作業できます。

スキャナーユニットをあげて作業を始める

プリンターを使い続けていると、インク残量が少なくなったものについて、プリンター自体が交換を促すお知らせをしてきます。交換が必要な色のインクカートリッジを購入し、作業に入ってください。本体のスキャナーユニットを上にあげると、インクカートリッジが見えます。交換したい色のインクカートリッジを丁寧に取り外しましょう。新しいインクカートリッジにはシールが貼っており、切り取る部分がありますので、説明にしたがって切ります。また、プラスチックのカバーのようなものが付いている製品もあります。これも指示にしたがって取り外してください。先ほど外したインクカートリッジの部分に、新しいものを押しこむように正しい向きでセットします。しっかりとはまったことを確認したら、スキャナーユニットを元に戻して終了です。

交換するときの注意点を守るように

紹介したインクカートリッジの交換方法は極一般的なものです。メーカーや機種によって若干作業が異なってきますので、正しく交換するなら機種の取扱説明書を参考にすることをおすすめします。インクカートリッジの残量が十分に残っていたとしても、セットした後に6ヶ月以上時間が経過した場合にはインクの粘度が高くなってノズルの目詰りを起こしたり、インクの品質が劣化していますので、使用前に必ず交換しましょう。機種に対応するインクカートリッジを購入してください。同じメーカーでも機種によって、対応するものが違ってきます。メーカーの純正品を使用するのが一番ですが、互換性のある安価な別メーカーのインクカートリッジを使っても構いません。しかし、互換の製品はメーカーの保証が受けられない場合があるため気をつけましょう。

インターネットが無くてもFAXや、電話で注文できます。 ストックが欠かせないコピー用紙も会社へ配達します。 OA機器、印刷用紙、LED証明などオフィス用品専門店。 オススメ商品は種類豊富な電子チェックライターです。 特価商品や訳アリ商品などお得に購入できるものもあります。 オフィスで使い勝手のよい強度のあるリサイクルPEポリ袋。 創業28年のオフィス用OA機器を取り扱っている会社です。 インクカートリッジのことなら豊富な品揃えのmita